スポンサーサイト
top↑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
top↑
ぬぬぬぬぬ・・・。
会社の休み時間に書いてるメモと、
このブログとの差が大きくなりすぎて、
こっちにメモするのがちょっと面倒くさくなってきました。
とりあえず、重要(?)なことだけでも。

アニメーションで使う画像は、最初はオブジェクトごとに
1枚にまとめて管理すると言ってたけど、やめました。
とにかくバラバラのまま管理して、ツールで、オリジナルの
フォーマットを持ったアニメーションファイルみたいなのに
して管理します。こうなると、ゲーム開始時にファイルを
展開してあげなければならないんだけど、この時に問題が。
今回はDxLibという人が作ったライブラリを使って、画像として
PNGを使うことを考えてるんだけど、このライブラリの
画像をロードする関数がパラメータとして画像ファイル名を
受け取る形式になってるので、メモリ上にロードした
PNG画像でも読み込めるように改造する必要がある。
最悪の場合、アニメーションファイルからPNG画像を抜き出して、
一端ハードディスクに保存して、それをライブラリへ渡すって
いう手があるけど、あんまりやりたくない。

で、これについては、時間のある日曜日にライブラリのソースを
見て改造できるかどうか判断するつもりだけど、今週の日曜日は
ちょっと時間がなくて、来週の日曜日はもしかすると会社に
出なきゃいけないので、何だかんだで6月になるかもしれない。
それまでストップするわけにもいかないので、
その間はマップエディタについて考えます。

今回は今までみたいな32x32とか40x40ドット単位でのマップの
管理はしないで、1x1ドットで、任意の大きさの長方形として
キャラクターとかイベントとか当たり判定を管理するつもり
なんだけど、果たしてうまくいくのか。
今何となく心配してるのが、壁との当たり判定。
うまくやらないと、「めり込む」という問題が起こるので。

スポンサーサイト
[2005/05/18 01:12] 今日の出来事 | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
≪タイトルなし | ホーム | タイトルなし≫
コメント
[んーむ]
始動してるね~。

ちょっと気になってライブラリを流し見てみたんだけど、
PING画像の読み込み、できそうな感じだよ。
DxGraph.cpp の LoadPng() ってメソッドに、
以下コードを発見。

// イメージのアクセスタイプによってデータアクセス設定を分岐
switch( DataImageType )
{
case LOADIMAGE_TYPE_FILE : // ファイルからのデータの場合
fp = ( FILE * )DataImage ;
png_init_io( png_ptr, fp ) ;
break ;

case LOADIMAGE_TYPE_MEM : // メモリからのデータの場合
png_mem_read_set( png_ptr, &PMem, DataImage, ( unsigned int )DataImageSize ) ;
break ;
}

他にもBMP関連のメソッドがたんまりあって、
なんだか懐かしい気分になってしまいました。

やっぱC もオモシロそうだねー。
速度に挑戦、な雰囲気が素敵~。
[2005/05/20 00:35] URL | 木戸 [ 編集] | top↑
[うおっ。コメントが!]
うおっ!コメントが!気が付かなかったよ!
・・・上のソースによると、ロードする時のフラグをLOADIMAGE_TYPE_MEM
にすれば、改造しなくてもいける・・・??
何か、結構あっちこっち飛び回って読むのが大変そうなソースだったんで、助かります!
ありがとーう!
そうだねぇ、Cは、基本部分の処理を自分で作れるところが面白いね。
[2005/05/25 00:14] URL | ひろき [ 編集] | top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hrgs.blog6.fc2.com/tb.php/23-eba0e8b2
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。